語彙力は言語の基本パーツです。これがないと始まらない。

「英語の専門家」という人たちが、よく言う「語彙を増やすには英英辞典を使いなさい」
って、これって上級者の話。

普通は英英辞典を使うと、引いた単語の説明に使ってある単語が分からず、
見事な堂々巡りになって、一向に問題が解決しないのであります。何のために辞書引いとんじゃ?

英英辞典は「偉く」なるまで置いといて、と、  さてさて、如何にすれば語彙力がつくか?

語彙力強化の秘訣 その1 
メンタル面の設定

この単語は自分にとって重要なのだ!これを何が何でも覚えなければならない!という
強い気持ちを持ってください。
自分の「脳」に、その強いメッセージを送るのです。そうすれば「脳」は、覚えます。

一番いけないのは「嫌々ながらやること」←どれだけ時間かけても効果ほとんどなし!時間の無駄!

語彙力がついてない人は、こう思ってはいませんか?
「自分は記憶力が良くない」・「こんなに沢山覚えられるはずがない」・「単語だけ覚えても役に立たないじゃないか?」

これって自分で自分の「脳」に「働く必要はない」「覚えなくて良い」というメッセージを送っているのです。
これでは「脳」は働きません。

何故なら「ご主人様」が「したくない」「出来ない」「して何になるのだ?」と思っているから、記憶する必要はないと「脳」が認識するからです。

まず第一に、こうした学習を阻害する
否定的な気持を持たないようにすることです。
そうして、
気持を肯定的に創り上げていくことです。

「英語の語彙力の強化は、自分の英語力を必ず高める」「私は記憶力が良い」「くり返せば必ず覚えられる」
と、強く思って、それを「脳」に伝えましょう。

語彙力強化の秘訣 その2 一つの戦略
「1分間英単語」(石井貴士氏著)という本の中に紹介されている3ステップ学習法を応用した堤塾の学習法をご紹介します。

ここで何よりも重要なことは・・・・・→一週間7日のうち「必ず」5日以上継続すること!
何故なら、三日程度やっても脳の記憶のシステム上、せっかくやった三日分の学習が
無駄になるからです。


さて、その堤塾の単語学習法とは 
一日6分! 単語学習は短時間で気合いを入れてやりましょう!

準備 一週間で覚える単語の数を40〜120の範囲で自分で決めます。それを
毎日全部学習します。

ステップ1 第1日目・第2日目 日本語訳を
音読→英語を音読
ステップ2 第3日目・第4日目 日本語訳を音読→英語を黙読
ステップ3 第5日目・第6日目 日本語訳を黙読→英語を黙読

これを一週間のうち5日間以上継続学習すれば驚くほど単語が覚えられます。
※最初の4日間までは覚えている自覚がないですから気をつけましょう。
「覚えた感」が出現するのは5日目以降ですよ!

                   

堤塾
語彙力をつけたい!